お庭探訪その2:等持院庭園

こんにちは。

まもなく梅雨入りですね。

雨が降るとお出かけがおっくうになりがちですが、わたしは雨に濡れてしっとりとしたお庭も大好きです。

緑がより青々として、苔もみずみずしく、生き生きと喜んでいる心地がします。

今年も長靴を履いていろんなところへ出かけたいなと考えています。

 

さて今月も生粋の日本庭園マニアUが、おすすめの日本庭園をご案内いたします。

第二回の今回は、等持院庭園です。

f:id:hanahotel:20180508210348j:plain

等持院臨済宗天龍寺派のお寺で、天龍寺と同じく夢窓疎石国師を開山に迎え、暦応4(1341)年に創建されました。

また室町幕府将軍を代々務めた足利家の菩提寺で、霊光殿には歴代の将軍の像が安置され、日々信仰の厚い門徒の方々がお参りに訪れています。

f:id:hanahotel:20180508210427j:plain

大きな達磨大師の絵でも有名なお寺です。

f:id:hanahotel:20180508210458j:plain

庭園は心字池を中心とした方丈北庭と、芙蓉池をさつきの刈込が取り囲む書院東庭の二つからなっており、開山・夢窓国師の作と伝えられています。

この初夏の時期には、さつきのかわいらしい花が咲いてお庭がいっそう華やかになりますね。

 

金閣寺龍安寺に程近い場所にありながら、訪れる人はずっと少なく、静かにお庭を鑑賞できるのもとても魅力的です。

銘菓「芙蓉の月」とお抹茶を頂きながら眺めるお庭は格別ですよ。

 

f:id:hanahotel:20180508210546j:plain

花ホテルからのアクセス:市バス10番「三条京阪前」→「等持院南町

 

それではまた次回お会いしましょう(*^0^*)