お庭探訪その3:西芳寺(苔寺)庭園

こんにちは。

夏の京都は盆地ならではのじめっと暑さで有名です。

お出かけになるときは、暑さ対策をお忘れなく。

 

f:id:hanahotel:20180516203922j:plain

さて、今回はそんな暑さを忘れさせてくれるような、涼しげな苔庭をご紹介します。

洛西、西芳寺。通称「苔寺」としてよく知られています。

奈良時代の創建とされ、室町時代夢窓疎石国師によって中興されました。

約120種類の苔が広がる回遊式池泉庭園とその奥にある枯山水庭園の二段構えで、世界文化遺産にも認定されています。

西芳寺では、まず般若心経を唱え、写経を行ってからお庭を拝観することができます。お庭のみの拝観はできません。

写経は面倒くさい?

いえいえ、黙々とお経を写していると、心が洗われるような不思議な感覚になりますよ。

せっかくの機会なので、ぜひこういった体験もお楽しみください。

 

f:id:hanahotel:20180516203950j:plain

さて写経が終わり、いよいよお庭の拝観です。

雨上がりの庭を歩くと、鮮やかな緑が生き生きと芽吹く様子を、肌で感じることができます。

木の根元にはキノコが生えていることも。

まるでご自身も自然の一部になったような感覚で、静かなひと時をお楽しみください。

 

f:id:hanahotel:20180516204052j:plain

西芳寺の拝観には、往復はがきでの事前予約が必要です。

往復はがきに必要な項目は以下の通り。

拝観希望日(時間指定は出来ません)・人数・代表者の氏名・住所・電話番号

申込開始:2ヶ月(60日)前からの先着順

申込締切:見学希望日の1週間前まで

近年、西芳寺はとても人気になって予約が殺到しているようです。

希望日が1日だけでは満員で拝観できないという可能性も高くなっています。複数日を希望日として書いた方がよいと思われます。

f:id:hanahotel:20180516204426j:plain

ぜひみなさまの拝観申込が叶いますように(*^人^*)!